島根の更生保護施設 更生保護法人しらふじ

電話0852-21-5383 島根県松江市奥谷町306-1

しらふじの由来

白藤と白南天

敷地内に咲く白藤の下に、しらふじの由来を記した石碑が2013年の改築に建立されました。(左画像)
白藤の木を贈ったのは、ある受刑者の母親で昭和50年代のことです。高齢女性を殺害し、海に死体を遺棄した男性が刑務所に服役中、家族に見放された男性が仮出所などになった時の帰り先としてここ、しらふじを希望しました。その時に病弱で余命わずかな母親の存在を職員が知り、男性の実家を訪問しました。帰り際に母親から形見として差し出されたのが庭にあった白藤と白南天を託します。

それから敷地内で毎年花を咲かせ、2013年4月に完成した新施設の愛称に出所者を見守ってきた白藤(しらふじ)から名前を取ることにしました。「白」には、我が子の更生を願う母親の、切ないまでの想いと愛が込められています。

理事長は「純粋さや潔白さを表す『白』の花を見せることで、罪を悔い清らかな心で新しい人生を送るよう、感じさせようとしたのではないか」と話しています。

今も入所者が交代で掃除して守っているといい、「母親の息子に対する思いを入所者に伝え(更生に向けた)心の支えになれば」としてその花を咲かせ続けています。

ページトップへ